ようこそWeb100Senへ あなたが 人目の訪問者です。
本日: / 昨日:

テキストサイズ 小 |中 |大 |

2019-03-30

ベートーヴェンの
ミサ曲ハ長調演奏会に
先着5名さまご招待




 バッハの名曲を地元はもちろん、バッハの聖地ライプチッヒの聖トーマス教会で演奏したりと国際的な活動も行っている『浜松バッハ研究会』。一昨年からは、バッハの影響を受けたハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどのウィーン古典派の作曲家達の作品にも目を向けて、バッハの系譜シリーズに取り組んでいます。その2回目が4月7日、アクト中ホールで15時開演。ベートーヴェンの隠れた傑作「ミサ曲 ハ長調」をメインプログラムに取り上げ、バッハのカンタータ182番〈天の王よ、あなたをお迎えします〉やモテット2番〈霊は弱い私たちを助け起こしてくださる〉を演奏。指揮は新国立劇場指揮者の三澤洋史さん。指定席3000円、自由席2000円(高校生以下各1000円引)。この招待券(自由席)を5名の方に先着順で差し上げます。メールまたはFAX・☎︎(留守電不可)でご応募を。


ブ先生もスタッフに
なって浜松初開催!
〈第7回国語漢字祭〉




 外国人初の漢検1級を取得したブ先生ことブレット・メイヤーさんもスタッフ参加して念願の〈第7回国語漢字祭〉が浜松初開催。4月20日、12時~19時、クリエート浜松で。国語・漢字愛好家だけでなく楽しみたい! というみなさん、ゲームやクイズで遊びましょう。大人1000円、大学生500円、高校生以下無料。40名限定なのでお早めにお申込みフォームからどうぞ。見学もOKで、大学生以上の見学者は参加費200円。終了後には自由参加の懇親会もあります。お問合せはメールで。



 

ポーランド舞踊&合唱団
と天方吹奏楽団の
国際交流演奏会

 



 日本ポーランド国交樹立100周年を記念して、ポーランドから舞踊・合唱団が来日して、〈ポーランド国際交流演奏会・天方フェスタ2019〉に出演します。第1部はポーランドの舞踊&合唱団のステージ、第2部は「天方吹奏楽団」で、誰もが口ずさめるおなじみの曲を中心とした単独ステージ、第3部はコラボレーションステージとして「サマータイム」「さくら」「森へ行きましょう」を一緒に演奏。日本とポーランドでそれぞれが練習を重ねてきた成果を披露します。4月23日、アクトシティ浜松大ホールで、18時開場、18時30分開演。自由席1000円。☎︎053・441・2214。


浜松ゆかりのを
トランペット吹きが
アクトに大集合


 松野 美樹、北川晋、ミロスラフ.ケイマル、小松悠人ほか18名と、浜松トランペットコアー、浜松リハーサルジャズオーケストラなど5楽団が大集合する〈浜松トランペットサークル フェスティバル〉が、5月1日、アクト中ホールで。1000円。13時~は、オープニングファンファーレ&クラシック。14時~は、ソリストとバンドの共演。15時~は、プチ・サザンクロスの音楽会20周年と題して、ガルシア安藤真美子さんと仲間たちによるアンサンブル、『KOMA・BAN Brass』の歌謡メドレー、トランペット36本による大ファンファーレです。有名メーカーによる楽器展示・試奏会やトランペットレッスン会も同時開催。詳しくは『浜松トランペットサークル』☎︎053・475・3363へ。
 

さくら剛の新刊は
バカバカしくて面白い
経済学入門書



 
 デビュー作からずっとぶれることなく貫いているシニカルでコミカルな文体で科学を解説した『感じる科学』は、紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするキノベスト2103や理研100周年記念科学道100に選ばれたりと、高い評価を得ている浜松出身の作家、さくら剛さん。彼の待望の新刊がダイヤモンド社から発売になりました。タイトルは、『経済学なんて教科書だけでわかるか! ボケ! ! …でも本当は知りたいかも』。「インドのぼったくりとの壮絶な価格交渉から学ぶ物価の決まり方」「地下アイドルとJKビジネスから学ぶGDP」「ドラクエの世界で金融緩和や財政出動をしてみたら?」等々、バカバカしいけれどわかりやすいたとえ話で経済を解説します。『谷島屋書店』でどうぞ。
ダイヤモンド社、1500円。

狩野探幽などの
コレクションがずらり
〈屏風爛漫〉にご招待




 4月2日~5月6日、静岡県立美術館で〈屏風爛漫ーひらく、ひろがる、つつみこむ〉開催。狩野探幽「一ノ谷合戦・二度之懸図屏風」など県立美術館のコレクションを中心に、その楽しみ方を再発見する展覧会です。4月21日、14時~は木下直之館長の美術講座「屏風は絵なのか道具なのか」あり(申込不要、先着40名)。一般800円、70歳以上400円、大学生以下無料。この招待券を2名にプレゼントしますので、希望者は百撰〈県立美術館〉係までご応募ください。4月17日締切。
 

あいホールには
図書室もあります
21時まで利用OK



 
 あいホールには図書 コーナー もあるってご存知ですか? 浜松市内に在住、在勤、在学している方なら誰でも貸し出しカードを作れて、本や雑誌、DVDだけでなく指人形やお話し組み木なども無料で2週間借りられるのです。予約もできて、利用時間は9時~21時。とくに男女共同参画に関する本や資料が充実していて、内閣府や女性関連施設の報告書や白書まで置いてあります。テーブルと椅子がある図書コーナーでは豆から挽くコーヒー(1杯100円)を飲みながら読書もできます。貸し出しカードを作るときは住所・氏名・生年月日が確認できるものをお持ちください。☎︎053・412・0351。

インスタグラム講座や
幸運メイク
大人のための1日講座

 
 入会金なしで気軽に参加できる『ツインギャラリー蔵』のカルチャースクールですが、定期的に通うのはちょっと、という方は〈大人のための1日講座〉がおすすめです。検索方法から安全な発信方法まで基本的な操作が学べるインスタグラム講座を始め、暮らしに活かすハーブ、幸運メイクレッスン、簡単帯結び、つまみ細工、羊毛フェルト、足つぼケアなど他にもいろいろ。1回だけなので気になる講座をあれこれ体験できるのも人気。日程など、詳しくはホームページをご覧ください。http://www.gallery-kura.com/Culture-School/culture-index.html

アートで多文化社会を
考えるトーク&
ワークショップ


 4月20日と21日、鴨江アートセンターで、アートで多文化社会を考える〈ゆれるアイデンティティ〉があります。移民社会オーストラリアからメルボルンにあるイミグレーションミュージアムプログラムコーディネーターのジャン・モロイと作家でジャーナリストのアリス・プンを迎えて、20日12時45分~、イミグレーションミュージアムの活動紹介と多様性のトーク(70名・申込優先、当日席あり)や、くじびきドローイング、新カードゲーム作りやまちづくりのワークショップなど。美術家乾久子、豪・モナッシュ大学教授岩渕功一なども参加します。☎︎053・458・5360。
 

5日前までにご予約を
『ビオあつみ』の
おまつりごちそう


 活きネタ寿司盛り合わせ、鶏唐揚げにイカゲソ唐揚げ、きびなごフライ、焼き鳥、中華オードブル、ごちそうオードブル、枝豆、カットフルーツ、サンドイッチ盛り合わせ、焼肉セットなどなど。『ビオあつみ』の浜松まつり用ごちそう盛り合わせの予約が今年も始まりました。初練りのもてなしはもちろんのこと、連休中の来客にも大活躍。楽しい連休に料理のことで頭を悩ませなくてすみますよ。受け取り5日前までにサービスカウンター予約してください(支払いは予約時に)。電話予約は受けていないのでお気をつけを。
 

リニューアルして
文具コーナーも登場
『谷島屋エキマチ店』

 
 浜松駅コンコースから直結していて朝8時から20時まで営業しているとっても便利な『谷島屋書店』のエキマチ店。しばらくお休みしていましたが、改修工事が終わって4月1日にリニューアルオープンしました。文具コーナーもできたので、出勤前や登校前に忘れ物を思い出したら、駆け込んで調達できますね。☎︎053・458・5321。https://www.yajimaya.co.jp

春野町の人に
会いに行こう!
〈春野人めぐり〉


 〈春野人めぐり〉は、春野生まれの人、移住したり繋がりがある人たちが家や工房を開放してみなさんを迎えるオープンハウス。4月13日と14日、10時~16時に開催です。家具工房やアート&クラフトクラブを訪ねたり、和洋菓子やお茶を食べたり飲んだり。ミツマタツアーや未来森散策ツアー、ライブ、うなぎつかみ、サバイバル術、ピザ作りなどの里山体験もできます。春野の人と自然の出会いと遊びをたっぷり楽しんで。お問合せは春野協働センター☎︎053・983・0001(平日8時30分~17時15分)。
gekkaen1@po4.across.or.jp
https://harunobito.hamazo.tv

『ラウンドテーブル』で
お茶道具の販売
始まりました




 住宅やエクステリアについての相談会も開催する『ラウンドテーブル』には、ガラス作家江川野智典さんの作品ほか陶器、家具、ファブリックなども並んでいます。この春から新たにお茶道具の取り扱いも始めました。抹茶を入れる茶入れ4500円~、茶碗10000円~、写真の持ち運びができる茶箱セット18000円などいろいろ。形も雰囲気もそれぞれなので、じっくりと手にとってご覧ください。お問い合わせは☎︎053・434・7207。
 

第56回浜松寄席
桂文治独演会に
ペア3組ご招待

 
 20年前に始まった浜松寄席の初回からずっと出演している11代目桂文治師匠の独演会が4月28日、サーラシティ浜松で。ゲストは、京大法学部卒で文化庁芸術賞大衆演芸部門新人賞や花形園芸大賞銀賞の受賞歴のある上方落語の桂福丸と、漫才から転向した喋り抜群の江戸曲独楽の三増れ紋。前売3000円。招待券希望者は浜松百撰〈桂文治〉係宛にメール・FAX・ハガキでご応募ください。4月18日必着。
 

〈思い出の車アンケート〉No1
にミニカープレゼント

 
 4月13、14日、『ネッツトヨタ静浜』和田店で〈私の愛車 思い出の車アンケート〉をします。今までに乗った車(トヨタ車以外でもOK)とのエピソードを店頭で記入すると、店内に掲示。どのエピソードが良かったか投票をして、ナンバー1に選ばれた方に愛車のミニカーをプレゼント! 参加者には撥水洗車割引チケットを差し上げます。☎︎053・461・6118。

母の日の贈り物は
地上185メートルの
夜景とディナー




 母の日に、非日常を味わえる贅沢な時間をプレゼントしませんか?『オークラアクトシティホテル浜松』では、地上185メートルに位置する45階の北回廊・スカイバンケットでアミューズ、魚料理、肉料理、デザートなどが楽しめる〈母の日ディナー〉を用意しています。夫婦や家族だけのプライベートテーブルでゆっくりと美味しい時間をお過ごしください。乾杯用スパークリングワインや専属カメラマンによる記念写真などのプレゼントもあります。2名20000円(税金・サービス料など全て含)。1名9000円で追加もできます。ご予約は☎︎053・459・1450まで。

〈浜松ポップス・ウィンド・
オーケストラ演奏会〉に
ペア1組ご招待

 


 創立20周年を迎える『浜松ポップス・ウィンド・オーケストラ』の第17回演奏会が5月26日、アクト大ホールで13時30分開演です。ディズニー映画「ファンタジア」の曲や、昭和50年代を飾った日本レコード大賞の曲などのほか、創立20周年プログラムとして、「ブルーサンセット」「スウィングしなけりゃ意味がない」「聖者の行進」などを演奏。20年のキャリア、お楽しみください。招待券希望者は浜松百撰〈浜松ポップス・ウィンド・オーケストラ〉係宛に、メール・FAX・ハガキでご応募ください。4月25日必着。

青空を満喫
春の
ドロフィーズマーケット





 冬の間はお休みしていた〈ドロフィーズマーケット〉が3月から始動しています。4月は、21日の日曜日の開催。無添加クッキーやマフィン、地元野菜にハンドメイドアクセサリーなどなど、暮らしを豊かにしてくれる衣・食・インテリアのクリエーターや農家の25以上のブースがドロフィーズキャンパス第2駐車場に並びます。雨天決行、入場無料。11時~。同じ日の14時~16時には、『ノルディックデリ』でライブもあるので合わせてお楽しみください。☎︎053・428・3520。


 

試乗してこそわかる
新型BMW3シリーズ
ショールームへどうぞ

 


 BMW3シリーズが劇的に進化しました。洗練されたボディデザインを始め、運転中でも音声認識でナビや空調をコントロールできたり、ステアリング操作を記憶して同じルートを自動でバックしたり。危険予測などのセーフティシステムも最新テクノロジーで実現しました。ショールームで試乗してその乗り心地を体験してください。『Hamamatsu BMW』☎︎053・456・3201(佐鳴台ショールーム)、☎︎053・464・4360(神立ショールーム)。

上方落語がルーツの
お囃子あれこれ
〈上方風流寄席囃子〉




 5月4日、14時~、楽器博物館レクチャーコンサート〈上方風流寄席囃子~落語と鳴り物の幸せな時間〉が、音楽工房ホールで。道ゆく人の気を引くために始まったお囃子。上方落語独特の落語で流れるお囃子は〈ハメモノ〉と呼ばれているそう。出囃子、地囃子などお囃子の使われ方のあれこれを聞いた後は、落語「浮かれの屑より」をどうぞ。出演は林家染雀、露の眞、林家染八ほか。一般3000円、学生1000円(24歳以下)。チケット、お問合せは☎︎053・451・1128。4月5日、19時~は〈ショパン・オン・プレイエル~時代の音に酔いしれる〉。演奏は川口成彦。

講演会もある
新造形創造館
黒川雅之デザイン作品展

 


 4月6日~21日、磐田市新造形創造館で黒川雅之デザイン作品展「三つの光」。大地と炎から生まれた3つの素材「鉄」「磁器」「ガラス」をテーマにしたプロダクトデザイン作品の数々が並びます。あわせて、4月13日、14時~、創造館講座室で黒川雅之氏講演会ーデザインの背景にある様々な人生の話ー「生きること働くこと死ぬこと」開催。ものづくりをする人だけでなく、全ての人にとって生き方のヒントが見つかるきっかけとなる話。ぜひ耳を傾けてみてください。入場料2500円、100名定員。お問い合わせはレガロ☎︎070・4098・5609(海野)。

大人も子供も
一緒に遊べる
第37回子どもまつり




 『浜松子ども劇場』が主催する〈子どもまつり〉が4月29日、10時~15時、馬込川上島緑地公園で。逃走中やしっぽとり、三億円ゲーム、段ボールハウス作り、人間玉入れなどなど、子どもたちが考えた遊びを大人たちも一緒にみんなで大笑いして遊びましょう。午後は大人バザーと子どもバザーを開催。手作り品や衣類、おもちゃなどなどが並びます。最後は浜松子ども劇場オリジナルラジオ体操第三で締めくくります。雨の場合は5月6日に延期します。☎︎053・473・5880。

 

市民ミュージカルin雄踏
〈ヤマトタケル(仮)〉
出演者を募集しています



 
 来年3月8日、雄踏文化センター大ホールで上演予定の市民ミュージカル〈ヤマトタケル(仮)〉の出演者を募集しています。小学4年生以上対象で未経験者もOK。歌唱とダンスはチームでの参加もできます。稽古は雄踏文化センターで毎週金曜と土曜の18時30分~20時、本番が近くなると時間延長になります。月謝5000円。プロデューサー雄踏文化センター館長鈴木昭彦、脚本・総合演出鈴木研一郎、演出助手にみをつくし劇団代表の新山アキコほかダンスや歌唱の講師を揃えて舞台を作り上げていきます。お申込み、お問合せは☎︎053・596・1100。FB、ツイッターからも申込みができます。


ライディングが
もっと楽しくなる
新シューズ誕生!




 ツーリングがますます楽しい春。ライディングがもっと快適になる新シューズが『クシタニ』から誕生しました。ひとつは信頼性が高い防水システム・アウトドライRテクノロジー採用の〈アドーネシューズ〉。カラーはブラック/ホワイトとブラック/レッドで27000円。もうひとつは全体にパンチングを施して通気性抜群の〈フローシューズ〉24840円。カラーはブラック、レッド、グレー、オリーブの4色。どちらも均一なフィット感が心地よく、グローブをしたまま微調整ができます。☎︎053・441・2516。

皮膚や筋肉を傷めずに
脂肪細胞を減らす
部分痩身機器導入


 日本ではまだ20数台しかない世界最高水準の部分痩身機器〈ヴァンキッシュME〉が、『四ツ池メディカルヴィレッジ』に導入されました。週1回30分の施術5回で腹囲が5cm減少したという結果が出ている厚生省認定医療機器で、脂肪組織だけを加熱分解、老廃物として排出するので、ほんのり温かい中、皮膚や筋肉を傷めずに脂肪細胞を減らします。痛み知らずで寝ているだけでお腹、太もも、おしりの部分痩せが期待できます。リバウンドがないので、何度もダイエットに失敗した方、BMIを効果的に減らしたい方、時間のない方、肥満による負担を減らしたい方、ブライダル準備の新郎新婦、いかがですか? 週1回1部位30分5回分で15万円。☎︎053・478・7878。
 

鷲津・どうぞ事務所で
294(ふくし)カフェ
4月14日スタート!

 
 福祉イノベーションDoーzo協同組合が手がける湖西市鷲津3387・2階のどうぞ事務所で、4月14日から毎週日曜、8時~11時、294(ふくし)カフェを開催します。福祉や介護・介助をする上での困りごとや社員・家族の健康相談、福祉関連仕事の自主勉強をしたり子育てパパママが雑談をしたり(赤ちゃん連れOK)。誰もが訪れることができます。フリードリンクで小学生以上1回500円。理事長で社会福祉士の神谷さんが常駐しているので、いつでもご相談を。☎︎053・548・4598(8時~18時)。
 

〈風人雷人〉と山内啓司音楽×ダンス×映像×建築パフォーマンス
 

 ブランキィ・ジェットシティのカリス マドラマー中村達也と、ドラゴンアッシュのATSUSHIによるユニット『風人雷人』が、映像アーティスト山内啓司とコラボレートする音 楽・ダンス・映像・建築のパフォーマンスが4月20日、樂土の森で18時開演。チケット4500円は☎︎090・7959・1617また はメールでご予約を。info@rakudosha.com

桜とツツジを愛で
イタリアンを堪能する
〈香爐バスツアー〉




 富士霊園と箱根路の桜と山のホテルのツツジ、秩父宮邸の花々を愛でて、芦ノ湖を見渡す成川美術館で芸術に触れ、イタリアンコースのランチ&沼津港の海鮮料理の夕食に舌鼓を打つ盛りだくさんの〈香爐バスツアー〉を4月14日に開催します。朝7時に『珈琲香爐』を出発、帰着は19時ごろの予定。25名定員で、会費は14000円程度ですが、参加人数によって変わりますのでご確認ください。お問合せは☎︎053・485・7722。4月のギャラリーは草木染絵を描く草笛由美子さんの作品展。美味しいコーヒーやランチを召し上がりながら、こちらもお楽しみください。

ソプラノ・ピアノ
クラリネットで室内楽
〈このすばらしき再会〉

 



 ソプラノ中馬美和、クラリネット渋谷将昭、ピアノ中西直子による室内楽〈このすばらしき再会〉が、10連休の最終日、5月6日の14時~、アクトシティ研修交流センター音楽工房ホールで。かつて同じ楽団に所属していた3人が、それぞれに縁のある浜松に集まって8年ぶりに共演します。シューベルトの「岩上の羊飼い」のほか、ピアノやクラリネットの独奏など。一般2000円、高校生以下1000円(当日券各500円増)。未就学児無料。☎︎090・2998・7490。herzlichdankeicheuch@gmail.com