浜松のまち・ひと・文化を愛するタウンマガジン

TOPICS
●『シネマイーラ』ではサポーター会員を募集中。

H26-12月1日から『シネマイーラ』の入場料金、会員料金が改定になります。入場料金シニア、レディースディ、ファーストディ1000円が1100円に、夫婦50歳割引が2000円が2200円に。
会員料金は一般会員年会費10000円が11000円(8回鑑賞)、9回目以降1000円が1100円など。詳しくはHPを。

●スケジュールは10月16日現在のもの。予定が変更になる場合あり。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

2018-10-31

シネマイ〜ラ

◎http://cinemae-ra.jp/

▼11月2日まで

カメラを止めるな!

▼11月2日まで

バーフバリ 王の凱旋 完全版

▼11月2日まで

追想

▼11月8日まで

宇宙の法 黎明編

▼11月9日まで

タリーと私の秘密の時間

▼11月9日まで

止められるか、俺たちを

▼11月3日~9日

チャーチル ノルマンディーの決断

 第2次世界大戦末期、英国首相チャーチルは、第1次世界大戦で50万人の若者を死傷させた心の棘から、連合国軍のノルマンディー上陸作戦に最後まで反対していた。彼が作戦決行までの96時間を描く。ブライアン・コックス主演。

▼11月3日~16日

オーケストラ・クラス



 挫折したバイオリニストがフランスの音楽教育プログラムでパリの小学校でやんちゃな生徒たちにバイオリンを教え、1年後の大舞台を目指す。カド・メラッド主演。


▼11月3日~16日

きみの鳥はうたえる

 改めて再評価され映画化が続く小説家・佐藤泰志の初期最高傑作の映画化。函館郊外で「僕」と失業中の静夫と佐知子は毎日夜通し酒を飲み、踊り、歌い、微妙なバランスで幸福な日々が成立していたが、いつも終わりの予感があった。柄本佑、染谷将太、石橋静河ほか出演。

▼11月9日~22日

ブレス しあわせの呼吸



 「ブリジット・ジョーンズの日記」のプロデューサーの両親の実話。父親のロビンはポリオで首から下が麻痺し呼吸器がなければ2分と生きられない境遇で余命数ヶ月と宣告されるが、それから36年間、笑顔とユーモアを絶やさず、外の世界に飛び出し世界一幸せだった。アンドリュー・ガーフィールド主演。


▼11月10日~23日

寝ても覚めても



 同じ顔をした2人の男と、その間で揺れる1人の女の8年間を描く恋愛映画。東出昌大が2役で主演。


▼11月10日~23日

輝ける人生

 35年連れ添った夫がナイトの称号を授与されて「レディ」となったサンドラは夫と親友の浮気現場を目撃し、金や名誉とは無縁の姉のビフの団地に転がり込む。そこでダンス教室に行ってから忘れていた情熱を思い出す英国の名優たちの人生賛歌。イメルダ・スタウントン主演。

▼11月10日~23日

イーちゃんの白い杖



 全盲の姉と重度障がいの弟、私たちはなぜ生まれてきたのか。20年間のドキュメンタリー。


▼11月17日~23日

妻の愛、娘の時

 母の死を看取った娘・フイインは母を父と同じ墓に入れるために田舎にある父の墓を移そうとするが、父の最初の妻や村人に抵抗され、大きな波紋を引き起こしていく。監督・主演はシルヴィア・チャン。

▼11月17日~30日

教誨師



 半年前に着任したばかりの教誨師、牧師の佐伯は6人の死刑囚と面会し、葛藤する中で自らの過去とも向かい合う。大杉漣最初のプロデュース作にして最後の主演作。


▼11月23日~12月21日

日日是好日



 お茶の魅力に惹かれていった女性が体験する静かなお茶室での精神の大冒険。樹木希林、黒木華、多部未華子ほか出演。


▼11月24日~30日

世界が愛した料理人

 スペイン史上最年少でミシュラン三つ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄を極めるために辿り着いたのは和食、そして「すきやばし次郎」だった。

▼11月24日~30日

顔たち、ところどころ

 87歳の映画監督アニエス・ヴァルダは33歳の写真家でアーティストのJRと一緒に映画を作ることにしてフランスの村々をめぐり始める。世界の映画祭を席巻した、ロードムービースタイルのドキュメンタリー。

▼11月24日~12月7日

1987、ある闘いの真実

 1987年、ソウル大学生の不可解な死が拷問によるものと報道され、独裁政権への国民の怒りが爆発する。30年を経て、遂に明かされ始めた韓国民主化闘争の全貌に迫る実話。キム・ユンソク主演。

▼11月24日~12月7日

500ページの夢の束

 スタートレックが大好きで、脚本コンテストのためにハリウッドを目指す自閉症のウェンディの初めての一人旅には、本当の目的が秘められていた。ダコタ・ファニング主演。

TOHOシネマズ浜松

http://www.tohocinemas.co.jp
▼11月1日から

ビブリア古書堂の事件手帖

▼11月2日から

ヴェノム

▼11月2日から

スマホを落としただけなのに

▼11月3日から

走れ!T高バスケット部

▼11月9日から

ボヘミアン・ラプソディ

▼11月9日から

ういらぶ。

▼11月9日から

GODZILLA 星を喰う者

▼11月10日から

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション2

▼11月16日から

人魚の眠る家

▼11月23日から

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

▼11月23日から

ギャングース(R15+)

▼11月23日から

ポリス・ストーリー・REBORN

▼11月30日から

くるみ割り人形

〈午前10時の映画祭〉

▼11月8日まで

近松物語

▼11月9日~22日

ソフィーの選択

▼11月23日~12月6日

裸の島


TOHOシネマズサンストリート浜北

▼11月1日から

ビブリア古書堂の事件手帖

▼11月2日から

ヴェノム

▼11月2日から

スマホを落としただけなのに

▼11月3日から

走れ!T高バスケット部

▼11月9日から

ボヘミアン・ラプソディ

▼11月9日から

ういらぶ。

▼11月9日から

GODZILLA 星を喰う者

▼11月16日から

人魚の眠る家

▼11月23日から

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

▼11月23日から

ギャングース(R15+)

▼11月30日から

くるみ割り人形

▼11月30日から

かぞくいろーRAILWAYS わたしたちの出発ー

【はままつ映画祭2018】
〈木下惠介記念館〉

▼11月10日

ブレイカーズ

(オープニング上映:10:35~)
 浜松市出身、NY在住の後藤美波監督作。濱田龍臣、筧利夫ほか出演。
未来のあたし(11:05~)
 浜松市出身の豊島圭介監督作。櫻井淳子、欅坂48・織田奈那ほか出演。トークゲスト豊島圭介監督。
公募入選作上映(A~Dプログラム 12:00~17:25)
〈鴨江アートセンター104〉
「ワンはま」×「オムニバス・アニメーションJAA meets Yokohama」
(12:00~、無料)

▼11月11日

こども映画教室作品(10:00~)

 浜松の小学生たちが企画・脚本・撮影・編集した作品3本。トークゲスト池田千尋監督。

アニメーション特集(11:15~)

 「君の名は。」の新海誠監督の初期短編作品「彼女と彼女の猫」はじめ14作品。

公募入選作上映(E~Gプログラム/12:40~15:55)

劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命
(クロージング上映:17:20~)
トークゲスト坪井篤史さん。