浜松のまち・ひと・文化を愛するタウンマガジン

TOPICS
●『シネマイーラ』ではサポーター会員を募集中。

H26-12月1日から『シネマイーラ』の入場料金、会員料金が改定になります。入場料金シニア、レディースディ、ファーストディ1000円が1100円に、夫婦50歳割引が2000円が2200円に。
会員料金は一般会員年会費10000円が11000円(8回鑑賞)、9回目以降1000円が1100円など。詳しくはHPを。
 

●スケジュールは10月16日現在のもの。予定が変更になる場合あり。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

2017-10-31

シネマイ〜ラ

◎http://cinemae-ra.jp/

▼11月3日まで

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン

▼11月3日まで

ハイジ アルプスの物語

▼11月10日まで

ジュリーと恋と靴工場

▼11月10日まで

幼な子われらに生まれ

▼11月10日まで

ナインイレブン 運命を分けた日

▼11月17日まで

エル ELLE(PG12)

▼11月4日(土)~10日(金)

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

 アメリカ占領下の沖縄でただ1人弾圧を恐れず米軍に「NO!」と叫んだ瀬長亀次郎。彼の演説会には何万人もが集まり、熱狂した。不屈の精神で米軍に立ち向かった沖縄のヒーロー亀次郎の知られざる実像と人生を稲嶺元沖縄県知事、亀次郎の次女らの証言を通して知るドキュメンタリー。昨年TBSテレビで放送された番組が第54回ギャラクシー賞を受賞、映画化となった。筑紫哲也「NEWS23」元キャスター佐古忠彦監督、テーマ音楽を坂本龍一、語りを大杉蓮が務めている。

▼11月4日(土)~10日(金)

戦争のはらわた



 第二次世界大戦下で繰り広げられたドイツ・ソ連戦。ドイツ軍200万超、ソ連軍1200万超の死者を出したという死闘のなか、絶望的な状況になったドイツの小隊のドラマチックな運命を描く。「プラトーン」「硫黄島からの手紙」など後の戦争映画に影響を与えたといわれる1本。公開40周年記念、サム・ペキンパー監督の戦争映画の最高峰をデジタルリマスター版で上映。


 

▼11月11日(土)~17日(金)

アントニオ・ガデス舞踊団inシネマ「カルメン」

▼11月11日(土)~24日(金)

パッション・フラメンコ

▼11月11日(土)~24日(金)

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち



 フランス国王ルイ14世によって創設されたバレエ団〈パリ・オペラ座〉。世界最古の365年という歴史をもち、バレエの最高峰といわれる伝統はどのように守られているのか。最高の人気を集めるエトワールのマチュー・ガニオの「ジゼル」の舞台と彼女のダンサーという仕事への本音、エトワールの過酷な練習風景など追いながら伝統を次の世代へ伝えていく者たちのドキュメンタリー。

▼11月11日(土)~24日(金)

新感染 ファイナル・エクスプレス

▼11月11日(土)~24日(金)

あしたは最高のはじまり



 南仏で恋とダンスと酒三昧の日々を過ごしていたサミュエルのところにクリスティンが現れ「あなたの娘よ」と生後数ヶ月の女の子グロリアを預けていく。慌てて彼女を追いかけるも、心に傷を負った彼女の行方はわからなくなってしまった。呆然とするサミュエルは、ゲイのベルニーの協力のもとグロリアを育てるのに悪戦苦闘。普通じゃない3人家族になって8年、クリスティンから突然連絡が…。「最強のふたり」のオマール・シー主演。


▼11月18日(土)~24日(金)

アントニオ・ガデス舞踊団inシネマ「血の婚礼/フラメンコ組曲」

▼11月18日(土)~12月1日(金)

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より

 妻と3人の子どもたちと幸せに暮らしていたマックの人生は、末娘が山小屋に血の付いたドレスを残して誘拐・殺害されたことで一変した。証拠から連続殺人犯の犯行は明らかだったが遺体は見つからず、それから年月が経ってもマックは悲しみに沈んだままで家族とも溝ができていた。そんなとき「あの山小屋へ来い」という奇妙な招待状が届く。すみれのハリウッドデビュー作。サム・ワーシントン主演。

▼11月25日(土)~12月1日(金)

サーミの血

 1930年代、スウェーデン北部のラップランドに暮らす先住民族のサーミ人は差別的な扱いを受けていた。少女エレもその1人。彼女はスウェーデン人のふりをして出掛けた夏祭りでニクラスと出会い恋をする。これまでの暮らしから抜け出したかったエレは、彼を頼りに街へ出るのだった。レーネ=セシリア・スパルロク主演。

▼11月25日(土)~12月8日(金)

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(PG12)

▼11月25日(土)~12月22日(金)

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち



 岩合光昭が1年以上の歳月をかけて子ねこの成長を追った〈津軽の四季〉のコトラとその家族を中心に、トルコ・イスタンブールのサフランやイタリア・シチリアのドメニら世界6カ国のネコたちの映像を再編集。テレビ未公開シーンもあわせてご紹介。語りは女優吉岡里帆。


▼11月25日(土)~12月8日(金)

セザンヌと過ごした時間



 少年時代に出会ったセザンヌとゾラは芸術家になる夢を持って意気投合していた。ひと足先にパリで小説家デビューし、ベストセラー作家になっていくゾラに対してセザンヌはサロンに応募するも落選ばかり。仕送りも断たれて困窮していく。そうしてある画家を描いたゾラの作品が友情をゆるがす。ピカソに「我々の父」、マティスに「絵の神様」と崇拝された画家ポール・セザンヌと小説家ゾラの40年に渡る激しく美しい友情を描く。ギョーム・カネ、ギョーム・ガリエンヌほか出演。

▼11月25日(土)~12月8日(金)

オン・ザ・ミルキー・ロード

 コスタが住む国は隣国と戦争中。コスタは毎日ミルクを戦線の兵士へ届けている。そんな彼を雇っているミルク売りの家の娘ミレナはコスタが好きで、戦争が終わったら戦地から戻って結婚する兄と同じ日にコスタと結婚しようと考えていた。世界三大映画祭を制した「黒猫・白猫」のエミール・クストリッツァ監督9年ぶりの新作。監督が出演も果たしている。モニカ・ベルッチ出演。

TOHOシネマズ浜松

http://www.tohocinemas.co.jp

▼11月3日から

マイティ・ソー バトルロイヤル

▼11月3日から

ラストレシピ

▼11月3日から

氷菓

▼11月3日から

IT/イット“それ”が見えたら、終わり(R15+)

▼11月10日から

MASTER/マスター

▼11月10日から

ジグソウ:ソウ・レガシー(R15+)

▼11月11日から

HIGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION

▼11月11日から

ご注文はうさぎですか??Dear My Sister

▼11月17日から

GOZILLA怪獣惑星

▼11月18日から

ローガン・ラッキー

▼11月18日から

泥棒役者

▼11月23日から

火花

▼11月23日から

ジャスティス・リーグ

▼11月25日から

シネマ歌舞伎「め組の喧嘩」

〈午前10時の映画祭〉

▼11月3日まで

野良犬

▼11月4日~17日

悪魔のような女

▼11月18日~12月1日

グロリア

TOHOシネマズサンストリート浜北

▼11月3日から

マイティ・ソー バトルロイヤル

▼11月3日から

ラストレシピ

▼11月3日から

氷菓

▼11月3日から

IT/イット“それ”が見えたら、終わり(R15+)

▼11月10日から

ジグソウ:ソウ・レガシー(R15+)

▼11月11日から

HIGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION

▼11月17日から

GOZILLA怪獣惑星

▼11月18日から

ローガン・ラッキー

▼11月18日から

泥棒役者

▼11月23日から

火花

▼11月23日から

ジャスティス・リーグ

▼11月25日から

Dear Girl~Stories~THE MOVIE the United Kingdom of KOCHI六人の龍馬編