浜松のまち・ひと・文化を愛するタウンマガジン

新会員ですよろしく〉



あなたの夢にあった留学をAからZまでサポート
 


短期、進学など夢の留学を女性スタッフが
相談から帰国まで親身にサポート
シニア留学や親子留学もおすすめ!

  『アズ留学センター』のアズは〈AからZまで〉の意味。その名のとおり留学を初めから最後までサポートしてくれるというから心強い。
 行きたい国や都市など留学のイメージがあれば希望に沿った学校を紹介してくれるし、ただ漠然と留学したいと思っているだけでも丁寧にカウンセリングをしてくれるから大丈夫。英語圏はもちろんフランス、ドイツ、フィリピン、台湾、韓国などへの留学も手配している。ハワイでフラダンスやサーフィン、英国でゴルフなど語学+趣味のプログラムも希望に応じてアレンジOK。空港へ出迎えから滞在手配、現地での日本人スタッフによる24時間サポートまであって安心だ。
 「退職後に若い頃の留学の夢を叶えたいけれど英語力が心配という方にはマイペースでできる先生宅ホームステイがお勧め。レッスン+美術館巡り等もアレンジできますよ」と松下さん。スタッフは全員女性で留学経験者だからアットホームな雰囲気で無理のないプランをアドバイスしてくれる。月に1回土曜に英会話レッスンと留学セミナーの〈留学カフェ〉も開催しているので、HPを要チェック。




 
代表
松下惠美子さん
 
浜松市中区板屋町101-22小川ビル3F
TEL.0800-888-6188(通話無料)
月~金/10:00~18:00(土曜は完全予約制)
http://www.az-ryugaku.com



X

新会員ですよろしく〉



 ライフスタイルを美しくするブランド

 

マリメッコ・イッタラ・スローフード…
心がおどる17の店や施設が点在する
北欧の香りのドロフィーズキャンパス



 天浜線都田駅からテクテク歩いて10分ちょっとの場所に『ドロフィーズキャンパス』別名『フィンランド村』と呼ばれる一角がある。
 マリメッコやイッタラ等のおなじみの北欧ブランドや、北欧家具、薪ストーブ専門店、、カフェレストランと、わくわくする店がいくつもあって、週末ともなれば東京や名古屋などからもここを目指してたくさんの人たちがやってくる。
 過疎化が進んでいたこの場所が変わったのは、『都田建設』が1軒の空店舗をリノベーションして甦らせたのがきっかけ。それを見た地域の人たちが、ここも使って欲しいと持て余していた蔵や工場、土地を提供し始めたのだ。さらには、自宅の一角を店にしたり庭先に手づくり品を並べたりと相乗効果も生まれた。
 シンプルで長く使えるもの、環境に配慮した体に良いものを探していったら北欧にたどり着いたとおっしゃる蓬台社長。「ドロフィーズは、ドリーム、ラブ、フリーダムを繋げた造語。ここを訪れた人が、夢と愛を持ってのびのび自由に仲間と過ごすって素敵なことだなと感じてくれたら嬉しいですね」。





 


代表取締役社長
蓬台 浩明さん

『ドロフィーズ』
株式会社都田建設
浜松市北区都田町2698-1
TEL.053-428-2750
受付10:00~19:00
www.miyakoda.co.jp



X

新会員ですよろしく〉



暮らしとうつわの店

暮しごと舎



器が変わると食が変わり暮らしが変わる。
築60年の民家を店にした『暮しごと舎』には、
ゆっくりした時間と日々を楽しむ道具がある。




 掛川でひっそりと営業していた『暮しごと舎』が、袋井市萱間に場所を移し、5月20日にオープンする。
 細い道を通ってたどりついた先に現れるのは、築60年の昔ながらの小さな民家。やさしい灯りが迎えてくれる土間から、靴を脱いで上がった部屋には伊賀や丹波などの窯元のうつわや、使いやすく飽きのこない暮らしの道具が並ぶ。縁側には、ゆっくりとした時間を楽しんでもらいたいという思いで置かれた椅子や、オーナーお気に入りの本が置かれている。
 整理収納アドバイザーという側面も持つ鈴木さんと秦さんが、「整理した後の暮らしをより豊かに楽しめるお手伝いまでできたら」という思いで始めたこの店では、暮らしの整え方を学ぶ片付けの講座も開催する。その他、暮らしを楽しむ事をテーマとしたワークショップや、ギャラリースペースでは陶器や籠などの作品の展示会の開催も企画している。
 ワークショップや展示会の案内は、随時ブログに掲載されるので、こちらも要チェックだ。




オーナー
鈴木陽子さん(左)
秦 詠子さん


袋井市萱間581
TEL.0538-48-8781
11:00〜17:00 火・水曜定休
http://kurashigoto.hamazo.tv/